Top > スポンサー広告 > スポンサーサイト Diary > 7/17~21 (2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったね

コメントの投稿

非公開コメント

--------

7/17~21 (2)

7月17日~21日までの数日間について書きます(今回はナランハ前日のオフについて書きます。かなり長いです。)

メンバー

wanna
kabu
Slofis
hash
HAL

夜から合流したメンバー

mind
モナチョ
Laluteskal
Beige(夕食のみ)
今年はNPFの次の日がテストということもあって前日入りしました。どうせ行くなら一泊はしたいしね。

まぁ当然新幹線や飛行機で東京へ行く資金もなく、県外オフの定番夜行バスでSlofisと東京へ向かったのですが、Slofisが下痢だったらしくパーキングエリアで欠かさずトイレに行ったり、夜行バスに乗る前の夕食を牛丼屋で食べたのですがそこで味噌汁しか頼まず、しかも残したりとなかなかつらそうでした。

なんてことはどうでもいいので東京に着いてからのことを書きます。



東京 新宿駅に到着。wanna、kabuと合流する予定だったのですが僕とSlofisの携帯の充電がなくこれでは合流できないので充電できる場所を求め、電気乞食の巣窟マクドナルドに。しかし、2件ほど回ってもコンセントがない!しかもほとんどの客が女であろうことか馬鹿みたいに騒いでたり、化粧をしてたりしやがる・・!朝の6時だというのに・・・!!

席を確保して充電しながらゆっくり朝食でもなんて考えてた俺が馬鹿だったのかと思わせるような耳障りな笑い声と異様な臭い。正直キレた

そして逃げるようにマクドナルドから出た僕たちでしたがやっぱり充電はしたいので駅から少し遠めのマクドナルドへ向かったがやはりここにもコンセントはない。

とりあえず出て充電できそうな店探して歩き出そうとしたその瞬間・・・僕は見つけた。柱に潜んでいたコイツを。

コンセント

もはや一目もはばからず充電器を挿しこのポジションを20分程度キープしていました。

充電もある程度溜まりそろそろここまで耐えていたSlofisの腹と僕たちのメンタルが限界なのでトイレを探して移動。近くのコンビニへ。

コンビニを出るとkabuから着信。kabuとwannaはもう合流してるそうな。そりゃそうか。

適当に駅の方へ歩いて合流。腹が減ったので朝食を食べに行くことに。

定食屋っぽいとこに入ってそれぞれうどんや蕎麦を食べました。kabuさんは朝っぱらから飲んでいました。

そしていざ代官山へ。


僕たちの目的はここ。代官山の蔦屋書店。

蔦屋書店

蔦屋書店2

蔦屋書店3

各々店内を散策したり、オープンテラスで適当にのんびりしたり、ペンを回したりと非常に楽しかったです。

蔦屋書店4

蔦屋書店5

kabuさんのブログで使われていた画像もありますが撮影は一応僕ですw

正直後のことを考えるとここがこのオフの天国でした。


その後はwannaさんオススメのラーメン屋へ

正直ラーメン屋の手前辺りまで来て体調がすごく悪くなったのですがとても美味しく食べることができました。

次は万全な体調で食べたいです。というかもう一度行きたい

その後は浅草でHALさんと合流。とくにやることもなかったのでとりあえずスカイツリーへ行くことに。

行ってみたものの相変わらずやることもなく、アイス食って秋葉原へ。

しかし、この辺りで壊れたキャリーバックを持って移動していた僕の疲労がピークに達し、秋葉のドトールでちょっと休憩をとりました。

休憩をとってまぁまぁ回復したので適当に秋葉を散策してそれなりに時間をつぶしたのですが結局やることもなく先に宿のチェックインを済ませに行くことに。

しかし、ここでもトラブル発生。近くで花火大会があるらしく移動中浴衣姿の人で混雑していて正直うっとうしかったです。

あと電車で乗り合わせたおばちゃん軍団も全員色鮮やかな浴衣に身を包んでいて内心「こいつらも火を見るのか」とか思っていたのですが降車してすぐエレベーターで上へ上がっていったのでたぶん打ち上げられたんだと思います。

宿の最寄駅へ着いてからは火の文句とかを言いながら10分ほど歩いて宿へ。

宿へ入ってみると一気に昭和の雰囲気が漂う空間に。

しかし、受付のおじさんの話によると僕たちが泊まるのは本館ではなく別館らしい。正直この時点で僕はヤバいと思ってましたが受付のおっさんが延々とくだらねえ説明をしやがるので話すことも笑うこともできない状況でした。

そのまま僕たちは別館へといざなわれました。

着いてみるとまぁ予想を遥かに上回った古臭い感じの宿でした。流石1500円。

アスレチック1

アスレチック2

アスレチック3

部屋は狭いし、5チャンネルまでしか映らないブラウン管のテレビが置いてあるし、空中に謎の台があるし、若干カビ臭いしと本当にツッコミどころしかなかった。

始めは「本当にここに泊まるのか?」とみんなして思ってましたが5分くらい部屋にとどまってると一周回って面白くなってきて気が付いた頃にはこの異様な空間を使いこなしていました。

アスレチック4

アスレチック5

ついでに5チャンネルまでしか映らない役立たずのテレビは半端なくカビ臭い金庫にブチ込みました。

あとこの宿のことを僕らはアスレチックと呼んでいます。

余談ですがあのハゲもとい管理人のおっさんが「君らWi-fiとか使うでしょ?このパスワードで一応Wi-fiも使えるから」とか言ってハイテクぶって接してきたのですが今になって思い返してみるとかなりイラつく


なんだかんだ宿を満喫し新宿へ移動。Laluteskal、Beige、mind、モナチョと合流して夕食へ。

居酒屋ではペン回したり、雑談したり、一部の人が飲んだりしてました。

その後はBeigeさんと別れて銭湯へ。

銭湯を見つけるのにけっこう時間を使ってしまい閉店時間ギリギリになってしまったのですが番台のおばさんの許可を得て深夜の入浴の許可をもらいました。有難い。

一日中歩き回って相当疲れていたのですがその疲れが一気にとれて最高の気分でした。

そしてLaluteskal、mind、モナチョを引き連れ再度アスレチックへ。

もうこの頃には空中で動画撮ったり、7人分あるスペースを行き来したりと完全にアスレチックをマスターしていました。

ちなみに後から合流したメンバーも僕たち同様数分間の葛藤の末割り切ったようでした。

そんなこんなで長かった一日目終了。

最後に撮ったけどどこで貼ったらいいかわからなかったちょっと良い写真あげときます。

東京2


東京1

続く。
スポンサーサイト

やったね

コメントの投稿

非公開コメント

2013-08-04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。